【7/23(土)初心者セッション参加者募集中!

1年後にジャムセッション出来るようになるためには

はじめに

こんにちは。ベーシストのどーのです。

僕が「初心者ジャムセッション」を企画するようになって7-8年が経ちます。

だいたい年間100名強の方々にジャムセッションはこうやって楽しむものだと伝えてきた経験から「ジャムセッション出来るようになる人と、いつまでもジャムセッションに憧れを抱き続ける人の差」についてまとめてみます。

ジャムセッションは得体の知らない演奏

「ジャムセッションはハードルが高い演奏」
まずはじめに、これはひとつの事実だと強く思っています。

特に未経験で「ジャムセッション」という言葉だけを知っている方にとってはまるで神々の遊びかのように感じると思います。

その理由のひとつは「ジャムセッションが得体のしれないもの」だからです。

何も知らずにジャムセッションを想像すると、「上手な人たちが自由自在に演奏して」楽しんでいる。ように映ると思います。

ですが、実際のセッションはそんな崇高なものではなく、特定のルールに則って演奏を行っているにすぎません。

弊HOWジャムの主催しているイベントに来ていただいている方にはしばしばお伝えしていますが、「上手にジャムセッションすることは難しいかもしれないけれど、ジャムセッションをすること自体は全然難しくない」と思っています。これは多くの人に知ってもらいたい。

それではセッションをおこなうための準備について理解しましょう。

ジャムセッションに参加するための準備

セッションをすること自体が難しくないとはいえ、さすがになんの準備もなく行えるものではありません。

具体的な準備の例としてとして以下をあげてみます。

  • セッションのルール・やり方を知る
  • セッションの定番曲を知る
  • セッションが開催されている場所を知る

ジャムセッションのルール・やり方を知る

まず初めにジャムセッションとはどういった演奏をしているかについて知ることが必要となります。

実はジャムセッションには定番曲があります。セッションに慣れている人たちはその曲を演奏しつつ、曲中の一部のコード進行を使って自由に演奏したりします。

曲を知りメロディやコード進行を知ることでその曲を演奏することが出来るようになります。

ここで重要なのは以下です。

ポイント
「最初はアドリブで演奏したりソロを演奏する必要はなく、曲をコピーするくらいの気持ちで良い」

最初から自由に演奏したり、ソロをとったり出来る人はいません。そんなことはセッション出来るようになってから考えればいいんです。

より具体的なルールについては以下の記事を参考にしてください。
ジャムセッションのルールについて ジャムセッションの暗黙のルール・やり方を徹底解説!

セッションの定番曲を知る

上記で記した通り、ジャムセッションには定番曲が存在します。

具体的な楽曲については別途まとめのページを読んで頂ければよく知って頂けると思いますが、ここで重要なことは以下です。

ポイント
・セッションの定番曲のうちでしょっちゅう演奏される曲は10~15曲程度しかない。

・セッションの定番曲の多くは16小節前後の繰り返し。

・2~3曲覚えればセッションには参加できる。

ここに書いた通り、実際にはセッション定番曲のうちの頻出曲なんて大したことはなく、16小節前後の楽曲を10曲ほど覚えればどこのセッションでも行けるようになります。

具体的な定番曲については以下を参照してください。
youtubeのリンクや僕たちが作った解説動画も埋め込んでいます。

ジャムセッションの定番曲(スタンダード)を入門から応用までまとめて紹介

セッションが開催されている場所を知る

ここまでの準備が整った方にとっては、どこでセッションが開催されいてるかを知ることが必要です。

本webサイト「HOWジャム」はもともともっとセッションイベントを知って、色んな方に足を運んでもらいたいとの思いから運営しています。(サイトそのものは広告費が入ったりするものでないので毎月自腹を切って運営しています)

僕も知る限りの情報を掲載していきますので、興味がある方は記事を見てぜひイベントに足を運んでください。

セッションにいけば演奏の世界がぐっと広がると思います。

セッションに行けるようになる人

ここまで記事を読んで頂いた方は

  • セッションのルールを知る
  • 16小節ほどのコード進行からなる楽曲を2~3曲覚える
ことでセッションに参加できるという事を頭では理解して頂けたかと思います。

1年後ジャムセッションで楽しんで演奏出来るようになる人はこの2つを行った人です。
逆にこの2つをクリア出来なければセッション出来るようにはなりません。。。

そんなに高いハードルではありません。
セッションを楽しむためにここは頑張りましょう!!

勘違いによる恐怖を克服する

とはいえ、理屈で考えてもセッションを怖く感じることはあると思います。

なので、最後にジャムセッションに対する先入観や思い込みを崩す実はについてまとめてみます

  • ソロは無理にとらなくていい
  • 最初は原曲のコピーでもいい
  • アドリブ演奏なんて後から身に着ければいい
  • まずは2~3曲だけ覚えればOK
  • 初心者セッションなら不慣れでも助けて貰える
  • 実はみんな初心者を歓迎してる

実はセッションに対してビビってるのは自分だけで、ホストやその他の参加者はウェルカムでどんどん参加して欲しいと思っています。

ルールを覚えて、定番曲を覚えて、1年後セッションを楽しめるようになりましょう!!!