ジャムセッションのルール(決まり事)について

Pocket

ジャムセッションには興味あるけれどよく分からないし怖い・・・・
ってか、そもそもどこでやってるの?
ジャムセッションって何やるの?

この記事を読んで頂いている方の多くは、そう思っている。もしくは、そう思っていた方が多いのではないでしょうか。

今こうしてブログでセッション情報を発信している僕自身もそう思っていましたし、そう思ってセッションに行けない日々を何年も過ごしていました

そして皆が楽しむために作り出されたルール・決まり事は実際にあります。

その一方で、そうしたルールや決まり事を教えてくれる場所はほとんどありません。

そこで、今回はジャムセッションの練習セッションを開くにあたって、最初に僕が説明していることを紹介します。

ジャムセッションにあまり行かない人からすると、きっとこう思うでしょう。

ジャムセッションって

  • なにを
  • どうやって
  • いつ
  • どこで
  • 誰と

するの?

まず、ざっとこれらの疑問に回答をするなら、

「ジャムセッションでは、スタンダードと呼ばれる定番曲を決まった手順で演奏します。主に、セッションバーやライブハウスで開かれていて、常連のプレイヤーさんを中心に若い方からお年を召した方まで色々な方が参加されます。」

それでは、今回はこの疑問についてひとつずつ答えて行きたいと思います。



ジャムセッションでは何を演奏するのか

ジャムる…?

これが一番の疑問だと思います。ジャムセッションっていったって何を演奏しているの?

僕自身ベースを手にしてからこれが長年の疑問でした。「ジャムる」なんて表現、漫画なんかでよく見聞きしますよね。それをマネしようと学生の頃、先輩達と何も決めずにスタジオに入ったことがあります。これもひとつのジャムセッションです。

ですが、僕は音感の良い耳をしているわけではないので何も決めずに演奏して楽しむには少しハードルが高いです。

先にも書いたとおり、実際のジャムセッションの場では、スタンダードナンバー(スタンダード)と呼ばれる定番曲を中心に演奏することが多くみられます。

スタンダードの中で有名な曲では、

定番曲のなかで有名なもの

  • Stand By Me
  • Fly Me To The Moon



なんかがあります。他にも聞いたことがある曲があるかもしれません。

スタンダードについてまとめた記事については、こちらをごらんください。

セッション定番曲(セッションスタンダード)について

2017.12.29

スタンダードから演奏しない場合では、コード進行を決めてその進行に則って演奏するということもよくあります。だいたい4~8小節程度の進行を決めて演奏することが多いです。

それでは次に、セッションではどうやって演奏するのか。について書いていきます。

スタンダードをどうやって演奏するのか

セッションでは、スタンダードと呼ばれる定番曲を中心に演奏することをお伝えしました。ですが、スタンダードをCDの音源どおりに(音源のサイズで)演奏することはあまり多くありません。

それではどうするんでしょうか。

実はセッションには決まった流れがあります。


セッションの流れ

実際のジャムセッションの場では以下の流れになることが多いです。

セッション定番の流れ

  • Ⅰ.イントロ
  • Ⅱ.テーマ
  • Ⅲ.ソロ
  • Ⅳ.テーマ
  • Ⅴ.アウトロ

この流れが決まっていないと手探りの演奏になるので落ち着きのない演奏になってしまうかもしれません。

分からない・決まってなくて不安な時は他の参加者に素直に聞いてみましょう。

ここからは定番の流れに沿って、どうした演奏になるのかを解説していきます。

Ⅰ.イントロ

曲のイントロです。どうやって演奏を始めるかを決めます。

例えば、

  • ドラムのカウント4つでオールインして、楽譜の最初から
  • ギターだけ最初2小節を繰り返して演奏して、9小節目からベースとドラムが入る
  • カウント4つでオールインして、Aメロ(レッテルA)をひとまわし


とかいったような決め事をします。

どうして曲をはじめて行くか、参加者でイメージを共有しましょう!

Ⅱ.テーマ

イントロが終わったら次はテーマです。

歌やメインのメロディにあたる部分です。

ここでは、誰がテーマを演奏するかを決めましょう。ギターが弾くのか、鍵盤が弾くのか、それともボーカルが歌うのか。といった選択肢があります。

補足
テーマを演奏することを「テーマをとる」という表現をします。同様に「ソロをとる」といった表現もよく使われます。

Ⅲ.ソロ

テーマが終わると次はソロに移ります。ここではどういう順番でソロをとるのかを決めます。

具体的には、「ソロは最初にAさん。次にBさん、その後Cさんの順番で!」といった取り決めをします。

お決まりの流れ
事前に決め事が無ければ、管楽器 → ギター → 鍵盤 → ベース → ドラムという順番でソロをとることが多いです。

また、自分はソロがとれない、とりたくないという場合には曲が始まる前に「ベース、ソロいりません!」などと伝えておくと安心です。(※ソロを弾かないからといって悪く思われることは無いので遠慮せずに言いましょう!

Ⅳ.テーマ

ソロが終わると演奏も終盤戦です。

最後のソロの後には、Ⅱでも演奏したテーマを演奏することが多いです。「テーマに戻る」といった表現を使います。

Ⅱで弾いたテーマと同じテーマを演奏しましょう。

盛り上がりをつけたい場合には演奏箇所は同じでもフレーズを変えたりしてもいいですね。

Ⅴ.アウトロ

テーマの後にはアウトロです。

イントロの時と同様にどうやって曲を終わるかを決め、参加者で共有しましょう。

ここまでが、セッションの流れについてです。


それでは次です。

「セッションっていつ・どこで・誰とするの?」

どこで開催されるのか

といった疑問にお答えしていきます。

注意
前置きになりますが、こうしたジャムセッションは無数に存在します。ブログを書いている僕自身が実際に足を運んだ経験を元に書きますが、必ずしもこの限りではないということをご承知おきください。

セッションはいつ・どこで・誰とするのか。といった疑問に対して、それぞれの回答を用意できれば分かりやすいのでしょうが、これらの要素はすべて関係してきます。

一番わかりやすいところからお答えすると、


セッションはライブバーやライブハウスで行われることが多い

セッションの多くは、ライブバーで行われることが多いです。バーカウンターがあって、ステージがあって、客席がある。といったようなお店です。だいたいキャパ~4,50人程度のお店が多いように思います。

まれにライブハウスのような100人単位で入るお店でセッションを開催されていることもありますが、あまり多くはありません。


誰と演奏するのか

次に答えやすいのがこれです。

先に示したとおりセッションはお店で開催されるのが主になっています。そのため、開催店の常連さんが多く集まってきます。噂が噂をよんで人が集まって来ます。

お店の雰囲気やセッションの雰囲気などみなさん居心地の良い所に集まってコミュニティが形成されています。

10~20代の若手が集まってバリバリ活動しているお店もあれば、40~50代のおじさま方がゆるく演奏されているお店もありマチマチです。

僕の暮らす大阪のジャムセッションでは、20代後半~40代のプレイヤーが多い印象です。


いつ開催されるのか

最後にお答えするのがコレです。これもお店によってまちまちです。

というよりは、地域によってまちまちです。

プレイヤーが多い地域だと頻繁に開催されていますし、プレイヤーが少ない地方だとやはり少ないようです。

都内にある

・歌舞伎町Golden Egg
 公式サイト→http://www.g-egg.info/top.html

・Somethin jazz club
 公式サイト→http://www.somethinjazz.com/jp/

あたりはほぼ毎日セッションが開催されています。

ですが、
大阪では月に1回というペースが大半を占めています。

まれに、隔週や隔月といったイベントもありますが、月1回が大半を占めています。

僕の開催する「セッションの練習セッション」も月1回の開催としています。

お店のページやフェイスブックなんかで告知されていることが多いのでチェックしましょう。

最後に(参考動画有)

出来る限り簡潔にまとめてみたつもりですが、文字では伝えきれていないかもしれません。

実際にセッションイベントに参加する際には、慣れてそうな人を捕まえて色々と教えてもらいましょう!

僕がキャッチできる情報は随時このブログで公開していくのでこちらもご参考としてください。

最後に、これらの決まりごとを踏まえて演奏されたセッションの動画を置いておきます。

有益な情報になればと思います。
■Chameleon

■Squadlive

こちらからセッション情報を確認!

2 件のコメント

    • Tomさんこんにちは。
      コメントありがとうございます。
      是非参加してください!
      練習セッションでももちろん良いのですが、
      超初心者ということであれば先月より開催しているスーパービギナーズセッションが一番ちょうどいいかもしれません。

      よろしけばご検討ください!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    IT会社に勤めるエンジニアとベーシストの狭間で揺れ動くアラサー会社員。 自身の経験をもとにジャムセッションの楽しさを広めるべく「ジャムセッションの練習セッション」を主催として開催中。