ジャムセッション!その7つの魅力!

Pocket

今日はジャムセッションに取り組むことによって得られるメリットや効能について紹介したいと思います。

コードを読む練習になる

なにはともあれ、曲についていけるようになることが第一の関門になるかと思います。

ジャムセッションではコード譜を見ながら演奏する場面も多くあります。

そのため、普通にコピーバンドで演奏するよりも、コード進行を意識して演奏することになります。

セッションを通して遊ぶこと自体がコード進行を意識して演奏するトレーニングになります。

音符そのものが読めなくてもコードが読めるようになるだけで、演奏出来る場面がずーっと広がるので出来て損はないですよ!

周りを見る練習になる

曲についていけるようになった次のステップです!

ジャムセッションでは通常のコピバンやバンド演奏と異なり常に決まった内容を演奏するわけではありません

バッキングでもアドリブを入れたり、独自の自由なソロをとったりといった風に、演奏の幅が広くなりがちです。

逆にいうと、誰がいつどんなフレーズを弾くかもわかりません

そのメンバーの演奏に反応してついていくためにも、常にメンバーの演奏に耳を傾ける必要があります!

これは普段コピバンばかりをやっていた僕にとって大きな違いのひとつでした。

自分自身を見つめる練習になる

メンバーの演奏に耳を傾けることが出来るようになったら、次は自分自身のことも見つめましょう。

メンバーの演奏を踏まえて、自分がどういった演奏をしているのかを意識しましょう。

そして、より良い演奏にするには自分がどういうアプローチをすれば良いかを考えましょう!

「自分のことだけを見て演奏している状態」

と、

「メンバー・自分を客観的に見て演奏している状態」

ではまったく違った演奏になります。

試行錯誤のチャンスが増える

これまでにお伝えしたとおり、セッションはとても自由度の高い場面です。

そのため、思いついたアイデアをどんどん試すことが出来ます。リズムでもフレーズでも音作りでも、なんだって自由に試すことが出来ます。

僕の主催するジャムセッションの練習セッションでも、新しいエフェクターを買うと持ってきて試してみる方なんかもいたりします。

どんな試みでももちろん大歓迎です。色んな思いつきにチャレンジしてみてください。

ふらっと演奏にいける

バンド練習やライブは、友人との日程調整をして、打ち合わせをして、しっかり練習をして、初めて演奏に入ることが出来ます。

それに対して、ジャムセッションはお店で開催していたり、友人が開催しているところに足を運ぶだけで演奏にありつくことが出来ます

この手軽さはセッションの魅力の一つです。

私自身も会社帰りにそのままセッションに行ってみたり、出先でフェイスブックの投稿を見つけてそのまま演奏して帰ったりといったケースがしばしばあります。

このセッション活動が僕の楽しみの一つです。


友達が増える

最後にして最大の魅力がこれです。

ジャムセッションには本当に幅広い年代・職種の方がいらっしゃいます。

そのため、セッションに遊びに行くたびに初めましての出会いがあります。

若い方では高校生の方から、ご年配の方では50代のおじさままでセッションではお会いすることが出来ます。

演奏を楽しむだけではなく、友人も増えて一緒にバンドをしたりと、新しい楽しみがあるかもしれません。

セッションには無数の魅力がある!!

紹介したとおり、セッションにはいくつもの魅力的な一面があります。

最初はハードルが高く感じるかもしれませんが、一緒にセッションの練習を通じて楽しみを増やしましょう!!

練習セッションはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT会社に勤めるエンジニアとベーシストの狭間で揺れ動くアラサー会社員。 自身の経験をもとにジャムセッションの楽しさを広めるべく「ジャムセッションの練習セッション」を主催として開催中。