【開催情報】本職パート禁止セッション(19/05/29)

Pocket

こんにちは、ベーシストのドウノです。

突然ですがこんな風に思ったことはないでしょうか。

よく聞くボヤキ

よく聞くボヤキ
  • ドラムだけどギターも弾けるようになりたい
  • ベースだけど鍵盤も練習したい
  • ギターだけどたまには歌ってみたい
  • ドラム叩けるけど、初心者過ぎてセッションに行けない

これらは僕がよく聞くボヤキの一例です。
また、ボヤキ以外にも「練習セッションには他のパートで参加しても良いのか?」といった質問もこれまでに何度も受けています。

そういう僕もベースしか弾けないので、安いギターを買ってみたり鍵盤を買って練習してみたりとしました。。。

が、必要に迫られないので結局あまり練習せずに今日まで来てしまっています。

他の楽器を経験することで本職が上手くなる

ひとつの楽器を追求していくことももちろん素晴らしいことですが、その一方で他のパートを練習することってとても素敵なことだと思います。

他のパートを演奏出来るようになることで次のようなメリットが考えられます。

他パート練習のメリット
  • ベースやドラムをやってみることでリズム感覚が磨かれる
  • ギターや鍵盤をやってみることでコード感覚やハーモニー感覚が磨かれる
  • ボーカルをやってみることで歌いやすい/歌いにくい演奏が理解できる
  • 他のパートが演奏しながら考えていることが分かる

こうメリットに目をやってみると、バンドで良い演奏を作り上げる上で他のパートを経験することは非常に有益な練習法であることが分かります。

みんなで一緒に他のパートを経験しよう

上に書いたとおり、本職以外のパートを経験することは非常に有益な練習です。

ですがその一方できっかけが無ければ本職以外のパートをひとりで練習することはとても難しい。。。

そこで同じような想いを持っている人達を集めて一緒に練習してみてはいかがでしょうか。

また、それだけでは勿体無いので、せっかくなら「普段開催されているセッションはハードルが高すぎて参加しづらい」と思っている人たちも一緒に演奏を楽しめれば良いのではないかと考えます。

そこで次の企画を立ち上げます。

本職パート禁止セッション

イベントの概要

ここで新規に企画するのがこの「本職パート禁止セッション」です。

セッションに慣れている人、普段はセッションが出来る人でもメインの楽器と違った楽器を使って一緒にセッションを楽しみましょう。

本イベントは誰でも参加可能です。

参加条件は自分の本職以外のパートで参加することです。

ただし、上にも記載したとおり、通常のセッションイベントに参加したくても敷居が高くて参加出来ないという方も多くいらっしゃいますので、希望があれば本職パートでの参加も可能です。

開催情報

日時

2019年5月29日(水) 20~22時

場所

大阪梅田246
各線梅田駅から徒歩10分

参加費

1,500円

課題曲

他パートでセッション曲を通すことは非常に困難であることが予想されるので、完全課題曲制とします。

今回の課題曲は以下の3曲です。

  1. Cissy Strut / Meters
  2. Chameleon / Herbie Hancock
  3. Isn’t She Lovely / Stevie Wonder

まとめ

みなさんの声と思い付きでまた新しいイベントを企画することにしました。

このイベントを通してより音楽を楽しめるようになって貰えれば嬉しく思います。

参加希望者は随時ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988.10.01生まれ。 大学入学とともにエレキベースを始める。大学在学中に吹田ヤングフェスティバルにて最優秀賞を受賞。卒業後はプロベーシストに師事し活動の幅を広げる。レッスンやサポートを行う一方でジャムセッションの魅力に惹きこまれ、関東・関西のジャムセッションに参加する。 数多のプロミュージシャンとセッションを行う中でミュージシャンとして求められるスキルを磨き、自身の活動に取り入れている。 近年はセッションの魅力を広めるべく初心者を対象とした「ジャムセッションの練習セッション」を主催。また、「関西ジャムセッション」・「スーパービギナーズセッション」でもホストベーシストを担当。