過去にセッションで傷ついた貴方に・・・

Pocket

こんにちは、ベーシストのドウノです。

今日は過去にセッションで傷ついた人に向けてエントリーを書いてみようと思います。

セッションは楽しいことばかりじゃない!

「セッションはとても楽しいものです!」と、僕は日々発信を続けています。

しかしながら、僕自身これまでに様々な嫌な思いをしてきました。
酷いところだと以下のようなものです。

過去に体験した嫌な思い

  • 一緒にステージに上がった人がめっちゃ不機嫌
  • ステージから下りた後に理不尽に怒られる
  • ミスに対して演奏中に怒鳴られる
  • 演奏が終わってからネチネチ言われる
  • 演奏が終わってから無視される

今でこそ、明らかに相手が悪いので傷ついたりはしませんが、当時の自分はそのことに対して傷ついたり凹んだりしました。演奏中に怒鳴られた時なんかは「もういいや・・・帰ろう・・・セッションとかいいかな。。。」とまで思いました。

そんなあなたにこそセッションを楽しんで欲しい

かなりのエゴですが、僕はセッションに傷ついたそんな貴方にこそ、セッションを楽しんで貰いたいと思っています。

僕自身も初めてのセッションで大きく傷つき、セッションから離れて音楽活動を行ってきました。しかし、あるきっかけで再びセッションと巡り合い、今では3つのセッションでホストを担当しています。

僕と同じようにセッションに対して傷つき、疎遠になっているプレイヤーは少なくないはずです。なので、そんな方に対して僕はいくつかの提案をしてみます。

もう1度セッションに参加するために

僕が思うポイントを何点かピックアップして書いてみます。

セッションの醍醐味は”アドリブ”だけではない

もっとも皆が難しいと思うことはここでしょう。セッションを行う上でアドリブが醍醐味であることは事実ですが、それだけではありません。

僕が思うセッションの醍醐味は「みんなと一緒に音楽を演奏する」ことにあります。そこにアドリブは必須ではありません。

  • ドラムであれば基本のパターン
  • ベースであればルート音
  • ギターであればパワーコード

最初はコレだけで十分です。こうした持ってる力で出来るコトをやりましょう。そして演奏しながら一緒に演奏しているメンバーに目を配ってください。そうすると、セッションならではの良さに気付くことが出来るかもしれません。

最初は知ってる曲だけで良い

セッションに行ったら知らない曲を無理に演奏させられた挙句によく分からないことになって辛かった・・・

これもよく見る光景です。これはホスト側に問題があって、知らない曲を演奏させるのであれば、ちゃんと曲の終わりまでサポートする必要があります。なので、この失敗は貴方に責任はありません!ホストも楽しんで貰おうと演奏を勧めてるのですが・・・少々残念ですね。

こうした思いをしないためにも、「今日は○○○だけ演奏します!」と事前にホストに伝えましょう。そうすると、その曲を優先的にまわしてくれるはずです。そもそもセッションでどんな楽曲を演奏するのか分からない場合は、以下のリンクを参考にしてください!

セッション定番曲(セッションスタンダード)について

2017年12月29日

楽しいと思える環境は必ずある

最後にひとえにセッションといってもその環境は様々です。年齢層や雰囲気なども場所によって大きく変わってきます。

そのため、貴方が傷ついたセッションが自分にあっていなかっただけ、という可能性は十分にあります。

本ブログでも一部紹介しているように大阪や東京には数多くのセッションがあります。その中には必ず貴方が楽しいと思える場所があります。紹介している内容などを参考にして自分にあいそうだと思うところに遊びにいってください。もし分からない場合はお問合せフォームから僕個人にお問合せいただければ知っている範囲でお力になれると思います。

僕自身もセッションをより楽しんで貰うためにイベントの主催を行っています。

  • 練習セッション
  • スーパービギナーズセッション

これらがお役にたつかも知れません。興味を持っていただけた方は是非一度遊びに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988.10.01生まれ。 大学入学とともにエレキベースを始める。大学在学中に吹田ヤングフェスティバルにて最優秀賞を受賞。卒業後はプロベーシストに師事し活動の幅を広げる。レッスンやサポートを行う一方でジャムセッションの魅力に惹きこまれ、関東・関西のジャムセッションに参加する。 数多のプロミュージシャンとセッションを行う中でミュージシャンとして求められるスキルを磨き、自身の活動に取り入れている。 近年はセッションの魅力を広めるべく初心者を対象とした「ジャムセッションの練習セッション」を主催。また、「関西ジャムセッション」・「スーパービギナーズセッション」でもホストベーシストを担当。