【レポ】佐々木秀尚と一緒にスタジオでセッションしてみよう♪Vol.2

Pocket

3/10(土)に開催されたセッションに参加してきました。
主催はギタリストの佐々木秀尚氏です。

1月に本ブログでも紹介したイベントです。

佐々木秀尚と一緒にスタジオで
セッションしてみよう♪

2018年1月に初回開催された「佐々木秀尚と一緒にスタジオでセッションしてみよう♪」に次ぐ第2回開催です。

参加者は

  • ギタリスト 約10名
  • ベーシスト 6名
  • ドラマー 2名
  • 鍵盤 1名
  • でした。
    第1回開催の前回に比べてミュージシャン(志望)の参加者が多くなった印象でした。
    参加の層は第1回に参加した方およびその友人の方を中心とした20代前半の方が多かったです。

    若いミュージシャンの比率が多いセッションになると、
    どこか競争のような雰囲気になったり
    腹の探りあいのような場面が見られることもあるんですが
    それが無いところは素晴らしいと感じます。
    (勝手な感想です。)



    演奏内容は他のセッションと同様にセッションスタンダードを中心に曲をやりました。
    そこに加えて、ジャズ系のAll Of MeやStevie Ray Vaughanの曲をやったりと柔軟な展開を見せました。

    演奏した曲一覧
    ・I Wish
    ・All Of Me
    ・Country Load
    ・Isn’t She Lovely
    ・Cantaloupe Island
    ・Sunny
    ・Feel Like Makin’ Love
    ・Scuttle Buttin’
    ・Sunny
    ・丸の内サディスティック
    ・Somethin’
    ・Chameleon
    ・Cissy Strut

    どの曲をとっても佐々木さんの演奏はやっぱり凄まじかった。
    ベーアン側にいながら圧倒されていました。

    イベント後の打ち上げは前回同様に深夜まで続き、濃い話が繰り広げられました。
    1回目に続いて2回目も非常に満足度の高いイベントでしたので、
    次回がありましたらまた参加したいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    IT会社に勤めるエンジニアとベーシストの狭間で揺れ動くアラサー会社員。 自身の経験をもとにジャムセッションの楽しさを広めるべく「ジャムセッションの練習セッション」を主催として開催中。