12/15(日)は初心者ジャズセッション開催!

出かければ出かけるほど楽しい事が増える

こんばんは、ベーシストの堂野です。

最近、私の周りで音楽活動を続けている友人達が凄く頑張っているのを見て良い刺激を受け続けています。

せっかく音楽という趣味を持っているのだからより多くの人に楽しい思いをしたいというのが私の考えです。

こうした考えを持つ私が近年心がけていることについてまとめてみます。

音楽との付き合い方は多様化している

楽しみ方に貴賎無し

近年では音楽には色々な楽しみ方があります。

例えば

多様化する楽しみ方
  • リスナーとして楽しむ
  • DAWを利用して製作活動を行う
  • YouTubeやSNSに動画を上げる
  • バンド活動に取り組む
  • セッションに参加する

近年は無償で利用できるDAWもあり、色々な付き合い方で音楽を楽しむことが出来ます。

どの楽しみ方も素晴らしいもので、この楽しみ方に良し悪しはありません。いずれも一生懸命に活動している方には魅力的な人が多く、非常に面白い活動だと感じます。

共通して聞く嘆きとは

その一方でどの付き合い方を楽しんでいる人からも共通して聞く「嘆き」があります。

それが音楽を一緒に楽しむ友人が居ない/少ないというものです。

DTMやSNSでの活動を楽しむ方はやりとりは多くとも直接的に会って話をする機会が少ない分、そう感じてしまうのかもしれません。

また、意外にもバンド活動を行っている人からも同様に仲良く出来るミュージシャンが少ないという声を聞くことが多くあります。

聞くところによると、近しいバンドマンとは仲良くなれるものの、そこ止まりであまり親しくなれるミュージシャンは数少ないというのです。

予想外の意見でしたが、周囲の複数の友人達から同様の話を聞くので少なくとも一部にはこういった認識があるのだと感じます。

友人を増やすことが良いことか

さて、色々な話を聞いて考えることに、友人を増やすことが良いことかと考えます。

個人的な見解では、友人を増やすことそのものが皆にとって必ずしも良いことだとは考えていません。

私個人は多くの人たちとわいわいと行動することが好きな性質なので友人が多いととても楽しく感じますが、皆が必ずしもそうでないことは理解出来ます。それに、友人が少ないことが悪いことだとは思いません。

数ではなく良き友人を作ろう

私は数多くの友人を作る必要はなく、それ以上に価値のある良き友人を作ることが良いと考えています。

良き友人の定義は人それぞれですが、例えば私にとっての良き友人は

良き友人の一例
  • 一緒に居て安心する
  • 一生懸命に何かに取り組んでいる
  • 楽しむ音楽を思い出させてくれる
  • 痺れる程にカッコいい

と、書ききれない程たくさんの人がいますが、それぞれ本当に素晴らしい友人達です。

ここでは音楽関係の友人を想像しましたが、そこに楽器の上手/下手は全く関係ありません。

こうした人たちと刺激を与えながら一緒に邁進することが出来れば素晴らしい関係になるのではないかと思います。

自分の世界を広げよう

良き友人を作ることは自分の世界を広げることだと考えています。

自分が勇気を出して新しい世界に踏み出せば新しい友人が出来ますし、新しい友人は自分の知らない世界のことを教えてくれます。

そうした良いサイクルに入ることが出来れば自分の知らないより面白いものを発見することが出来ます。自分の知らなかった面白いものに触れたり知ることで人生はより豊かなものになります。

軽音サークルHOWジャムについて

さてここで、2019年3月に設立した軽音サークルHOWジャムについて触れます。

このサークルを設立した経緯にも、これまでの話と共通した内容を含んでいます。

私はこの数年間色々な環境で演奏を弾き続けてきたことで様々な魅力的な人たちと知り合うことが出来ました。たかが近畿圏とはいえど、知らない環境にたくさんの魅力的な人たちがいらっしゃいました。

しかしながら、活動するグループが変わればそのグループ間の交流は無く、せっかく素敵な人たちが居るにも関わらずその間の交流がありません。

また、せっかく顔見知りになってもその演奏の場のみでそれ以上に交友を広げる機会がないのがこれまでの常でした。

そこで自分を起点として色々な人たちが垣根無く音楽を楽しむことの出来る環境を作りたく考え、これまでに運営していたセッションイベントをサークルという団体にしました。

このサークルが上手く機能するようにもっていくのが今の私の役割だと考えています。

より音楽を楽しめる環境に身を置くために取り組みたいこと

より音楽を楽しむためには先ほど書いたとおりに自分の世界を広げるのが良いと思います。

自分で居心地の良い環境を見つけることが出来た人は素晴らしいことですが、その一方でその環境を見つけることが出来なかった方には色々な選択肢があります。

例えばバンド活動を始めてみるのもひとつですし、街中のセッションに行ってみるのもひとつの手です。

それらのハードルが高ければ近畿圏内でも複数の軽音に関する団体があるのでそれらの門を叩いてみるのも手かも知れません。

すべてに共通して言えることは、行動すればするほど自分の世界が広がっていくということです。

もしその中で私達の所属する軽音サークルHOWジャムに興味を持って頂けた方は一度イベントに足を運んでみてください。

イベントの開催情報は本ブログやLINE@を通じて発信してまいりますのでチェックをお願いします。

初心者セッション開催情報はコチラ

お問い合わせ・申し込みはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です