【音源紹介】TU / 堂本 剛

Pocket

こんにちは、ベーシストのドウノです。

音源紹介第4作目は、堂本剛さんの

TU

です!

堂本剛さんといえば
昨年ギタマガの表紙を飾ったことも記憶に新しいですが、
本人自身ギターが非常に上手だそうです。

氣志團の綾小路翔さんが以下のように呟いたことも話題にあがってました。

もはやアイドルのアルバムに非ず

そんな音楽的背景を持つ堂本剛さんの繰り出すこのアルバムは、アイドルのソレとは思えないほどの内容になっています。

レコーディングメンバーは以下

Gt:竹内朋康, 佐藤タイジ(シアターブルック), 山口隆志
Ba:KenKen , 鈴木渉, 森多聞, SOKUSAI
Dr:屋敷豪太, 白根佳尚, DUTTCH
Key:SWING-O, 佐々木潤, 十川ともじ
…以下割愛

直接名前を聞いたことが無くても、演奏されている音は聞いたことがある。
そんなミュージシャンばかりが揃えられています。

僕はベーシストなのでそこに着目しますが、
見てのとおりどファンキーなベーシストがそろっています。

KenKenさんはRIZEやDoragonAsh、自身のパフォーマンスで
非常に著名なため激しい演奏の印象が強いですが、
その実、一番好きなベーシストはRocco Prestia(Tower Of Power)というほどに
ファンクに精通しているベーシストなんです。

また、鈴木渉さん・森多聞さんについては、
過去の投稿で触れているところでもありますが、
各々が久保田利伸さんのサポートベーシストを務めていました。

そんな背景を持つミュージシャンたちによる演奏が聞けるこのCDでは
「うねったリズム」により、まるで黒人音楽かのようなファンクネスを堪能できます。
率直にいうと、全編ファンクです。
僕は大好きです。

ファンクが好きな方には、アイドルだからと変な見方をせずに一度聞いていただきたいCDです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT会社に勤めるエンジニアとベーシストの狭間で揺れ動くアラサー会社員。 自身の経験をもとにジャムセッションの楽しさを広めるべく「ジャムセッションの練習セッション」を主催として開催中。